許認可サービス

古物商許可

1:そもそも古物とは?
古物営業法
「第二条 この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。」
概念的には難しく、所轄でも相違があったりします。
要約すると、“一回でも人の手に渡った物(使用、未使用に関わらず)を売買・譲渡された物“ぐらいでしょうか・・・
問屋で仕入れた物(新品)を小売りする・・・これは当然に古物には当たりません。
問屋で仕入れた物(一度、他人の手に渡ったもの)を小売りする・・・この場合は古物
※これと古物商許可が必要かどうかは切り分ける必要があります。

2:古物商許可が必要なのか?
現在、問合せが多いもの
・メルカリ・ヤフオクで出品します。古物商許可は必要ですか?
・遺品整理、生前整理業をやります。古物商許可は必要ですか?

そもそも業とは?

「一定の継続性があり、利益を出そうと言う意思を持って行っている人」の事

1.ヤフオクで落札した古物を、ヤフオクに出品し売って利益を得る
2.ブックオフで安く仕入れた古物を、ヤフオクに出品し売って利益を出す
3.ヤフオクで落札した古物をレンタルして利益を出す
4.ヤフオクで同じ商品を一度に大量購入し、使わない残りを売る
5.ヤフオクで落札した古物を分解して、パーツだけを売って利益を得る
6.ヤフオクで落札した古物を海外へ輸出(Amazon、eBayを含む)して利益を得る

こちらも是非ご覧ください。

古物商許可OKセンター

  1. 許認可サービス

  2. 建設建築業許可

  3. 産業廃棄物収集運搬業許可

  4. 古物商許可

  5. 風俗営業許可

  6. 飲食店営業許可

PAGE TOP