酒類小売業免許

通信販売酒類小売業免許

通信販売酒類小売業免許

2都道府県以上の広範な地域の消費者等を対象として、通信販売によって酒類を小売することができる酒類小売業免許です。ただし「課税移出数量」が3000キロリットル以上で、日本国内の酒造メーカーが製造・販売するお酒は、通信販売酒類小売業免許では扱えません。販売出来る品目は、日本産の酒は地酒等小さな製造場で製造されたものか、または輸入酒に限られます。
専門サイトをご用意しております。こちらもご覧ください。

酒類販売OKセンター

  1. 酒類小売業免許

  2. 通信販売酒類小売業免許

  3. 一般酒類小売業免許

PAGE TOP